勉強しない受験生の対策は?やる気を持続するポイントを解説!

やる気を持続するポイントは?

日本で受験といえば一般的に高校受験や大学受験です。

子どもには良い高校・大学に通わせたいという両親は多いでしょう。

しかし、それに反して子どもはあまり受験生という自覚を持っておらず、家でも勉強しないケースがあります。

両親は受験生にもっと勉強に集中して欲しいが、「どうして良いかわからない」ことがよくあるのです。

そこで、勉強しない受験生を持つ両親ができる対策として、勉強しない理由や予備校に通わせるメリットを解説します。

目次

受験生が勉強しない理由

受験生が勉強しない理由にはさまざまなものがあります。

例えば、「やる気が起きない」「勉強が嫌い」「どうせ勉強しなくても受かる」などです。

まず、やる気が起きない受験生は、「勉強しなくてはいけない」とわかっていても、やる気が出ないケースです。

勉強は嫌いではないため、学校の授業では真面目に取り組みますが、家に帰ったら基本的に勉強はしません。

両親は子どもにもっと勉強に集中して欲しいでしょう。しかし、これといって勉強させるような対策も浮かばないため、手をこまねいている方も少なくありません。

親の中には、もっと勉強するように厳しい口調で子どもを叱るケースもあります。

しかし、それで受験生が集中して勉強するようになることはまずありません。勉強するふりを見せるようになります。

喧嘩になることもあるでしょう。

このように、口うるさくされて子どもは余計に勉強が嫌いになるだけです。なぜなら、受験生は普段から学校の先生や周囲から「勉強しろ」というセリフは聞き飽きているためです。

次に、勉強が嫌いな受験生は、基本的に学校でも家でも勉強をしません。

普段の成績はあまり良くないため、勉強に対してプラスの印象を持っていないのが特徴です。勉強へのモチベーションも低く、自宅学習の習慣はありません。

子どもは受験そのものに苦痛を感じていて、親が口うるさくするほど反発します。

このような受験生を持つ両親の場合、自宅で勉強させることに限界を感じている事が多いでしょう。

3つ目の「勉強をしたくない」という受験生は、そもそも勉強の必要性を感じていません。

高校や大学はランクを下げて、勉強しなくても受かるところを受験するという志の低いケースです。

あるいは、「推薦を取ってもう勉強しなくても良くなった」というパターンもあります。

両親からすれば周囲が受験モードで勉強している中、自分の子どもだけが何もしていないと、勉強して欲しいと感じるものでしょう。

しかし、子どもが理由もないのに、したくない勉強することはまずありません。

インセンティブを与える

受験生が勉強に集中できていないと気付いたら、両親はまずインセンティブを子どもに与えます。

インセンティブとは、モチベーションを高めるための報酬です。

具体的には、「この大学に合格したら10万円あげる」「好きなものを買ってあげる」「旅行に連れて行ってあげる」などです。

こういった即物的なインセンティブは、長期間続くわけではありませんが、一時的にやる気を出すには十分です。

きっかけづくりとして、勉強に取り組みやすくすることができます。

受験生は、何かきっかけがないと自宅学習ができていないケースもあり、勉強のやる気を出させるのに有効です。

しかし、そのやり方では前と変わらない受験生もいます。

予備校を検討する

受験生に報酬としてモノを与えるだけでは、やる気を高められないときもあります。

その場合は、予備校に通わせます。予備校とは大学受験向けの塾のようなものです。

小・中・高校生や大学受験向けのクラスがあり、必要に応じて講義を取るスタイルが特徴です。

特に学校では勉強するのに、家ではだらけてしまうという受験生には最適です。

自宅はリラックスできる数少ない場所でもありますが、緊張感を持って勉強するには向いていません。

テレビやスマホなど周りに集中できないものがそろっている環境では、どうやっても勉強はできません。

予備校であれば講師や生徒が周りにいて、勉強せざるを得ない環境があります。誰もいない自宅では、「ついサボってしまう」という子どもに向いています。

また、予備校は周囲に受験生が多く、勉強への意識も高いため、それに引っ張られるように子どもが勉強に集中することもあるでしょう。

それに競う相手がいたほうが人は勉強でもなんでも成長することができます。自宅で一人勉強するよりも周囲に負けないように勉強するという意識を自ら持つことが大事です。

勉強が嫌いな子どもの場合は、優秀な大手予備校やマンツーマンを得意とする予備校が良いでしょう。

勉強嫌いを克服するきっかけになる可能性もあります。勉強が嫌いな理由には、「やってもわからないから勉強しない」というのがあります。

そこで、予備校で勉強してわかるようになることで、自宅でも勉強に集中できるようになることが期待されます。

迷ったときは予備校がベスト

受験生の子どもを持つ両親が、勉強に集中できる環境づくりとしておすすめな方法が予備校です。

インセンティブも大事ですが、予備校には受験クラスならではの緊張感があり、集中しやすい環境を作ることができます。

自宅での学習が上手くできない子どものいる家庭では、特に予備校に通わせることでそうした問題を解消することが可能です。

インセンティブを与えてみても勉強に集中できていないと感じたら、まずは予備校を検討してみましょう。

ケイ
自身の受験勉強の体験や塾講師としての経験で得たお役に立ちそうな知識を共有できればと考えています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次