難しい受験対策!それぞれの人にあったおススメの勉強法を紹介

受験対策と勉強法

受験に向けた勉強はどのようして始めるとよいのでしょうか。

じつは受験勉強の始め方にはちょっとした対策があり、そのコツを知っているかどうかで受験勉強の質に大きな差がでてきます。

受験勉強のコツは現状を正しく分析して自分にあった勉強方法を探すことです。

こうした受験プランを描くことが受験対策の重要な第一歩となります。

ここでは自分にあった勉強法の見つけ方を紹介するとともに、受験勉強を進めるうえで大切になってくるポイントなども交えて解説していきます。

目次

過去の成績をチェック!自分の基礎力にあった勉強法を選択しよう

勉強の進め方にはそれぞれの人にあった方法があります。

たとえば塾や予備校を利用した方がよい人、家庭教師をつけた方がよい人、教材などを利用した独学に向いている人といった具合です。

受験で結果を出すためには、自分にあった勉強方法を見つけることが大切です。

相性の悪い勉強法では結局集中力が続かず、思うような結果を出せずに終わってしまいます。

では、自分にあった勉強法はどのようにすれば見つかるのでしょうか。

そのヒントは定期テストの結果や中学時代の成績などが教えてくれます。

過去の成績や定期テストの結果が思わしくない場合は現状の基礎力が不足していることを示唆しています。

基礎力が不足している状況での塾や予備校の利用はおすすめできません。

原則として塾や予備校の講義も学校の授業と同様に、前に、より広くといった感覚でどんどん授業が進んでいきます。

基礎力が伴わない状況では、授業についていくので精いっぱいとなり、理解がおぼつかなくなるのは目に見えているからです。

結果として成績は上がらず時間ばかりが無駄に過ぎるということになってしまいます。

塾や予備校での勉強は志望校突破に向けた基礎学力が備わっていることが前提です。

塾や予備校で学べる受験テクニックも基礎力があってこそ効果を発揮します。

過去の成績を振り返り、基礎力が不足していると感じる場合は塾や予備校以外の勉強方法を視野に入れて探してみましょう。

家庭教師や教材を利用した勉強方法ならば、自分が苦手とする分野に絞った学習が可能です。

たとえば家庭教師に相談すれば、自分の学力にあわせたカリキュラムを組んでもらうこともできます。

「どこまでできるのか」「なぜつまずいたのか」などを分析し、基礎学力のアップに繋がる効果的な指導を考えてくれるので、苦手な分野への対策もしっかりと行うことができます。

また、教材などを利用した独学でも基礎力のアップは可能です。

受験対策では自宅学習にどれだけ取り組めるのかも重要なポイントになってきますが、定期的に送られてくる学習教材を利用すれば、自宅学習の習慣も身につけやすくなります。

添削機能が豊富なので、自分の弱点がどこにあるのかも見極めることが可能です。

こうしたサービスを利用すれば自宅学習でもしっかりと基礎力を伸ばすことができます。

勉強は量が大切!やり遂げるには生活習慣を整えることが大切

勉強法で大切なことはしっかりと「量」をこなすことです。

勉強は「質」を重視すべきといった意見もありますが「基礎力」や「質」は圧倒的な「量」をこなすことでしか生まれません。

とくに基礎力が足りないと感じている人はこうした点も踏まえたうえで基礎的な問題から応用問題まで幅広く解いてまわりましょう。

そうした積み重ねが全体の理解力の底上げに繋がります。

とくに基本的な問題はたくさん解いておくことが大切です。

難関校の試験とはいっても難問・奇問ばかりが出題されるわけではありません。

広範囲に及ぶとはいえ半数は基礎的な知識を問う問題から出題されています。

実際の試験ではこうした基礎的な問題をいかに素早く解くのかが重要です。

日頃の勉強において「量」をこなしておくことは、実際の試験で重要なスピード感を養うことにも繋がります。

生活習慣が形成されるまでには少なくとも2ヶ月ほどかかると言われています。

自宅学習が苦手な人はこの期間を意識してみましょう。

まずは短時間でも構わないので毎日同じ時間に机に向かって勉強することです。

初めはうまく集中できないかもしれませんが、続けるうちに机に向かうことが当たり前になってきます。

机に向かう生活に慣れてくればしめたものです。自然と以前よりも勉強に集中することができるようになってきます。

また、生活リズムを整えることも大切なことです。徹夜してまでの勉強はおすすめできません。

徹夜するよりも朝早く起きて日中の勉強に集中する方が勉強の効率が上がります。

受験勉強で大切なことは試験日までのプランをイメージしておくことです。

そのプランに従ってしっかりと勉強に取り組めばおのずと結果はついてきます。

準備期間には限りがある!結果を出すための努力は何より重要

受験勉強は自分にあった方法を選ぶことが大切です。

受験を前提とした勉強法にはさまざまな種類がありますが、どれが最適なのかは人によって異なるからです。

準備期間には限りがあります。

そのため自分にあった勉強法はできるだけ早めに見つけておくようにしましょう。

また、集中力は生活環境を整えることで養われます。

とくに自宅での学習が苦手という人は机に向かう習慣を身につけておくことが大切です。

受験で良い結果を出すためには、こうした日々の積み重ねがとくに重要となってきます。

ケイ
自身の受験勉強の体験や塾講師としての経験で得たお役に立ちそうな知識を共有できればと考えています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次